エコバッグまるわかり情報ステーション


エコバッグまるわかり情報ステーションブログ : 2017/08/25


気分障害のうつ病は脳の中で分泌される神経伝達物質の「セロトニン」が不足することにより、
憂うつ感、なかなか寝付けない不眠、なかなか抜けない倦怠感、食欲低下、体重の減少、焦り、極端な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、
自殺企図などの深刻な症状が現れ、
2週間以上続きます。

めまいは無いのに、しつこく不快な耳鳴りと難聴の症状を何度も繰り返すタイプのことを区別して「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メニエール(メニエル)病」という名前で診断する事例があるということはあまり知られていません。

もう既に歯の表面の骨を溶かすまでに拡がってしまった歯周病は、
たとえ症状自体が安定することはあっても、
失った骨が元通りに復元されるようなことは無いということを頭に入れておいてください。

現代の病院のオペ室には、御手洗や器械室(apparatus room )、
手術準備室(operating preparation room)を設けさせ、
手術中に患者をレントゲン撮影できるX線装置を設置しておくか、
近辺にX線装置の専門室を併設しておくのが慣例だ。

子供の耳管の特徴は、大人の耳管と比較して幅が広くて短めの形で、
尚且つ水平に近いため、様々な菌が進入しやすくなっています。
大人より子どもの方がよく急性中耳炎に罹るのは、
この事が関わっています。

虚血性心疾患の心筋梗塞とは心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化によって血管の内側が細くなって、
血流が途切れ、酸素や様々な栄養が心筋に配達されず、
筋繊維が機能しなくなるという危険な病気です。

耳鳴りは大きく2種類に分けることができ、
当事者にしか聞こえないという特徴を持った「自覚的耳鳴り」と、
血流のように本人以外の人にも高品質なマイクロホンをあてると感じることができると言われている「他覚的耳鳴り」があるのです。

チェルノブイリ原子力発電所の事故のその後の追跡調査のデータでは、
体の大きな成人よりも未成年のほうが風に流されてきた放射能の深刻な影響をより受けやすいことが見て取れます。

普通なら骨折に至らない程度のごく僅かな力でも、
骨の狭い部分だけに繰り返して切れ目なくかかってしまうことにより、
骨折に至ることがあるので注意が必要です。


ヒロアカの世界にトリップしたらどんな個性がほしい?爆豪のような「戦闘系」13号のような「救助系」リカバリーガールのような「治療系」 ! 【またロン毛をやってほしい 選手権】さて一位は誰!?

【またロン毛をやってほしい 選手権】さて一位は誰!? ねえねえ変なこと聞いて本当にごめんなんですけど恐怖で口外にまでぴゅぴゅっと唾液飛ぶって普通ある?また今日も歯医者で飛んで恥ずかしかった……



このページの先頭へ戻る